遺品の整理

ダンボール

高齢者世帯の増加に伴って

以前と比べて、二世帯・三世帯同居の人たちが減っており、単身世帯あるいは夫婦のみ世帯が増加しています。特に高齢者の場合は子供などがいても同居をせず、高齢夫婦あるいは単身で暮らしている人たちが増加しています。このため体調を崩して入院し、そのまま亡くなったり、自宅で突然亡くなったりした場合に、本人が身の回りの品を片付ける時間がなく、荷物がすべてそのままになってしまうケースが多々発生しているのです。一人暮らしをしていると、同居しているよりも荷物は多くなることが通常で、その遺品整理は残された遺族にとっても労力が必要となります。また、離れて暮らしていると、片付けたくてもなかなか難しい場合があります。そのような中で、遺品整理を専門に手掛ける業者が人気を集めています。

業者を選ぶポイント

遺品整理は、ただ荷物を片付けるといった作業ではなく、亡くなった故人の大事にしていた品々を扱い、遺族の思い出の整理とも繋がっていく作業です。他人から見れば意味の無い物でも、故人や遺族から見れば大事な物である場合があります。また、遺品整理する中では、多くの廃棄物が出るため、それらを適正に処理してもらう必要があります。ですから、遺品整理の業者を選ぶ際には、値段だけではなく、作業の進め方はどのようになっているのか、作業後の処理はどうしているのか、これらの情報を明らかにしているところを選ぶのがポイントです。離れて暮らしている遺族の場合には、立ち合いが必要か、立ち合いが無くても作業してくれるのかなども、確認しておくと良いです。