故人の荷物を片付けるには

作業員

代行業者に依頼する場合も

突然家族や親族が亡くなって葬儀まではなんとか行えても遺品整理まで手がまわらないという場合があります。特に故人が賃貸などに住んでいた場合は家賃が発生するので早めに遺品を片付けて部屋を明け渡さなければなりません。しかし家族などが遠方に住んでいる場合は遺品整理をする時間がとれないことも多いのです。東京ではそんな遺品整理を代行してくれる業者がいます。業者は用品、不用品の仕分けや梱包、不用品の撤去などノほか部屋の清掃、消臭までしてくれます。さらに公共料金の停止代行や車やバイクの廃車手続きなどもしてくれるところもあります。東京では業者の数も多くサービスも多様化しています。依頼者のニーズに合った業者を選ぶのは比較的簡単だと言えます。

信頼できる業者を選ぶには

しかし東京の遺品整理業者の中には水準の低い業者も混じっています。安い料金設定をしていても後で高額な追加料金を請求されたり仕事内容も雑だったりすることがあります。東京で遺品整理業者を選ぶ場合は作業内容について明確な料金表を設定しており追加料金も発生しないことを確認することが必要です。また資源ゴミなどもきちんと仕分けしてリサイクルに努める業者なら信頼できます。またキャンセル料などが発生しないのも選ぶポイントの一つです。また遺品の中には貴重品も多数含まれているのでそれを確実に家族に手渡してくれることも大切です。同じ場所で何年も営業している業者なら信頼度は高いと言えるでしょう。また口コミの評判なども参考にできます。